SNSにおけるLCCの戦略

- SNSにおけるLCCの戦略

SNSにおけるLCCの戦略

一昔前まで、旅行商品は近くの旅行代理店でのカウンターに並んで予約・手配をしてもらうものでしたが、近年LCCの登場によって格安航空券の存在もより身近となり、誰でもインターネットで格安航空券を買い求める時代となりました。
大手航空会社とあればトレインジャックといい電車の中吊りをすべて宣伝に利用したりといったことも行っていたりしますが宣伝にかかるお金をセーブしなくてはならないLCCにとってはSNSの存在が大きなものとなっています。
昨今では老若男女関わらずなんらかのSNSアカウントを持っています。多くの企業がこれに目をつけSNSでの宣伝活動を行っていますが各格安航空会社もこれを見逃してはいません。

旬の話題をキャッチ

旬の話題で瞬時に販促活動を行えるのもSNSならではです。
ソラシドエアでは受験生・就活生にむけたキャンペーンとしてお寺で祈願したオリジナルしおりを航空券購入者にプレゼントするという施策を行いました。
今の受験生たちがしおりに関して喉から手がでるほど欲しいかといったらそんなこともないでしょう。
しかしながら、精神的な支えが欲しい彼らにとって、他の航空会社と比較するとすれば大きなポイントとなるに間違いありません。


得意分野で勝負

例えばアジア路線が主力商品であるエアアジアは得意なアジアの文化や慣習などをSNSに投稿しています。
旅行商品が飽和状態であり、人と違う旅行がしたいと考えている人は年々増加しています。
そのため一見ニッチであっても普段ではお目にかかることができない年中行事やイベントに利用者はとても敏感です。
同社はSNS上にマレーシアの旧正月のお祭りの様子などをアップすることで旅への意欲を高め販促活動に活かしています。
格安航空券などの商品は日々残席が動いていたりと生きた商品となっています。
その為利用者側も目を光らせて日々料金や魅力ある商品の比較を行っています。
旅行商品を扱う会社としては薄利で激しい戦いをしなくてはならない為常に新しい話題を発信し続ける必要があるのです。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »