LCCにおけるサービス

- LCCにおけるサービス

LCCにおけるサービス

何十年か前までは片道の航空券が何十万とした時代が信じられないほど、今航空各社の格安航空券という商品は一般の人にでも簡単に手が届くほど安くなってきています。
格安航空券とスマホで検索すれば数々の比較サイトにたどり着くことができ、また値段もタクシーで県をまたいだ程度の料金で空を飛べることができるのです。
LCCが世に認知され始めたのは記憶に新しいですが、発売当初はシートピッチも狭くサービスの質も少ないということから利用したがらない人も多くいました。
そのような低価格の料金でそこに安全はあるのか、危惧する人も多くいましたが、今では多くの人が当たり前のようにLCCを利用しています。


格安航空会社の認知度

2015年、とある会社が18歳以上の旅行者を対象に調査したところ、ローコストキャリアを知っているかと答えた人は85パーセントであったようです。
中でもトップの知名度を誇るのはピーチ・アビエーション、続いてバニラ・エアとなっていたそうです。
実際に利用した人々にとったアンケートでは満足度に関して75パーセントと高めですが、40代以上の女性に関しては満足度が低く、航空会社に求めるものの高さがうかがえます。
最も利用している年齢層は30〜39歳の男性であるということから、出張などで飛行機を使う際の経費削減に役立っているということが想像できるでしょう。
従来の日本の航空会社ではキャビンアテンダントは憧れの職業でもありサービスはトップクラスであることが求められてきました。
しかしながら格安の航空券から得ることの出来る利益ではサービス内容にも限りがあります。
現在ローコストキャリアでは欧米にならってキャビンアテンダントの名札を下の名前での表記にしたり、制服も流行に沿ったものにすることで話題性を集めています。
一方でマナーなどの研修が十分になされていないなど改善点は多く存在しているようです。
今までの航空会社ファンからは不満の声が出ることも仕方がないことなのかもしれませんが、新しいスタイルでのサービス内容に期待ができるといえるでしょう。

話題の格安航空会社

エアアジアやジェットスター、ピーチアビエーションなどは日本国内でもテレビでCMの放映がなされていることから知名度も高いといえるでしょう。
一方シンガポール航空参加にあるスクートという格安航空会社はまだあまり知られていません。
シンガポール航空は世界の航空会社の中で1,2を争う人気の航空会社です。
その為もあってか、スクートに関してのサービス内容もLCCの域を超えていると評価する人がいます。
2014年にはベストローコストエアラインという賞も受賞しておりこれからの活躍に期待ができます。
日本国内では航空会社を選ぶ際主にJAL派かANA派か二つに分かれていました。
これからは沢山の格安航空会社が日本においても就航することで選択肢が大幅に広がっているのです。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »