更新情報

格安航空会社とLCCの普及

一昔前なら高級なものであった航空券は、今やLCCや格安航空券の登場で庶民にとって身近なものとなりました。
陸路が一番安価であるというイメージは昔のものとなり、新幹線などに比べても安く目的地に行けるという理由で飛行機を選択する人も増えています。
飛行機の需要が年々高まっているのは見ての通りですが、それに合わせて様々な格安航空会社が日本の空港に乗り入れ、便数を増やしているのです。
東京オリンピックを控え日本への渡航者が増えることからさらなる飛行機の増加が必要となっており、今までは飛んでいなかった空路での飛行計画などで各地賛成・反対派と議題になっているという事実もあります。
通常で購入すると何倍の値段もする航空代金ですが、条件の厳しい格安航空券をうまく予約することで旅行代金を大幅に落とせることから早めの予約も人気です。
ほんの何十年前かまではパリ往復航空券が70万ほどする時代でしたが、今現在格安航空券で海外に行くのに必要なのは1万円程度からです。
また、航空券を始めとした旅行商品は旅行代理店ありきの商品でした。
ほとんどの人がはじめての渡航を不安に思い、プロのアドバイスを仰いだりしながら購入していましたが、今ではインターネットをほとんどの人が駆使することができ、自宅にいながら航空券が購入できるのです。


格安航空会社を使うメリット

ローコストキャリア、つまり格安航空会社を利用するにあたり従来のものと何が違うのか、利用するに当たって不安に思う人もいることでしょう。
これらの会社は、格安で航空券を売ることに力を入れているので今までの人気国内航空会社とは異なり質へのこだわりは抑えてあります。
また旅行会社などを介せず顧客にネット販売などで直接取引をするため余計なコストがカットされています。
安いからといって悪い、というイメージを持つ必要はないのです。
また、片道でも予約することができるため、急ぎの往路は空路で、帰りはゆっくり陸路でといった旅の仕方も選択できます。
また、価格の変動も激しいためインターネットで細かく価格をチェックするということが苦でなければ掘り出しものにも出会うことができます。
まだ乗ったことがないという人も多い中、一足早くLCCを利用することで話題の最先端の経験をすることができるかもしれません。

格安航空会社を使うデメリット

従来のキャリアとの違いはやはりサービスにあります。
価格を抑えることを一番としているので、ブランケットや珈琲など今まで楽しみにしていたサービスを期待することはできません。
ただし、有料で提供しているものも多くあるので、自分で選択できる楽しみはあるといえるでしょう。
お得な情報はネットやサイト(https://airticket-mall.com/)を活用するのが良いでしょう。
オリジナルのブランケットやアイピローなどを機内で購入して持ち帰るのも良い記念になるかもしれません。
シートピッチが狭いというのは有名な話ですが、確かに体の大きな人にとっては苦痛でありロングフライトには適しません。
また小さい子供連れで膝の上に乗せていたという場合もやはりスペースに厳しさを感じることになるでしょう。
ビーチとジェットスターではその幅5センチもの違いがあるようです。
狭いかどうかといったことに関しては主観に基づく部分があるため予約をする際には同行者にも念のため確認をとるのが賢明です。
また、残念ながらよく聞く話が遅延などの問題です。
価格を抑えるために機材自体がフル稼働しているので、天候の影響などを受けスケジュールが変動しやすいという点があります。
その為タイトなスケジュールの商談や乗り継ぎは避けた方が良いといえるでしょう。
空港でのカウンターが占める割合が少ないことも特徴です。
その為チェックインなどの手続きに並ぶこともしばしばです。
今まで大手航空会社を使用していた、という人はとまどうこともあるかもしれませんが、値段と照らし合わせてみれば申し分ないと言えるのではないでしょうか。
このように値段相応のデメリットを持ち合わせつつも利用者が増えている背景にはそれだけ移動の需要が増えているということがあげられます。
今までは飛行機というとラグジュアリーな商品であったためサービスにも高いレベルが求められてきました。
その為キャビンアテンダントの立ち振る舞いもハイレベルなものが要求されてきました。
しかしながらアジアエアなどの格安航空会社ではメイクや髪型なども少し派手であったり自由な社風がみてとれるという感想も利用者から聞くことがあります。
これからは、電車やバスと同じ感覚で飛行機を利用する時代が訪れ、従業員であったり機内のカラーも個性重視となる時代が来るのかもしれません。